野草で庭づくり

心象風景をかたちに・・ 童心にかえるふわりの庭


 

本当に癒される庭作りとは、住む人それぞれの「心象風景」を映し出し、形にすることと考えます。「武蔵野の雑木と野の花が織り成す、やさしくやわらかな庭空間の創造」をテーマに、東北の林間で大切に育てられた雑木、在来種の野草・野の花を使った庭づくりをご提案しています。 

夏秋冬 風のみえるにわ 日本の四季に暮らす愉しみ 草樹との一期一会に暮らす

~GARDEN WITH A VIEW OF THE WIND PLEASURE TO LIVE IN THE FOUR SEASONS IN JAPAN~


繊細な樹木・野草や野の花を植えることで、はじめて、そこに吹き抜ける「風」を見ることが出来る。深呼吸したくなる癒しの庭。 繊細な樹木と野の花が織りなす 女性がたのしむ雑木の庭。柔らかな木漏れ日と四季の野の花、鳥がさえずり蝶が遊ぶ一番身近にある自然。日本の美しい風の名前、探してみませんか?

 

葉風 hakaze 草木の葉に吹く風

羽風 hanekaze 鳥や虫などが羽を動かすことにおこる風

薫風 kunnpuu 初夏、草木の緑を通して吹く心地よい風

花風 hanakaze 花散らしの風

野風 nokaze 野に吹く涼風

和風 yawakaze おだやかな風

野草を植える事は絶滅危惧種を護ること


山野草や雑木でお庭を作ることは難しい・・と思われるかもしれませんが、本来は日本に自生する植物達ですので、日本の風土・環境下では大変に育てやすく丈夫なものです。

条件さえ整えれば、毎年可憐な花や瑞々しい緑を楽しむ事が出来ます。

庭に自然環境を取り込むこと、里山の生態系を作ることは、例えばイングリッシュガーデンのように気候も環境も違う庭作りを実践するよりは現実的で容易です。

また、土をいじったり草花に触れることは、四季を感じ、日常の慌ただしさを忘れられる貴重な時間になると思います。

人が多く生活する市中に居ながら、故郷の里山や雑木林を身近に感じる暮らし方。

日本の原風景を取り戻すことの大事、春の芽吹き、夏の清涼、秋の彩り、冬の静寂、そして心に土を持ち続ける事。

庭に野草を植える事が種の保存に繋がることを信じて、意義のある、本当に価値のあるお庭をご提案しています。

着情報


ふわりの庭の施工例の本

 

アサヒ出版より、「小さな庭のつくり方」出版されました。

ふわりの庭の施工例、コンセプト、その他色々なアイデアが詰まった一冊です。


庭作り、山野草の庭、無料相談受付中です。

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL 03-6310-2820 (携帯090-6491-6603)


2021年 令和3年 本年もよろしくお願いいたします。