埼玉県北葛飾郡 T邸

 

現代茶庭のススメ・・。

サロンの為の茶庭が完成いたしました。

約8坪のスペースを二重露地に作庭致しました。


Before


After

自然体で、若い感性で茶道を愉しまれる方が増えているようです。

そんな方々に、雑木と在来種の野草を使った「現代茶庭」をお勧めしています。

愛知県豊田市 T邸

 

熊澤安子建築設計室様が手掛けられた、愛知県豊田市のT邸の庭作り、二日間の作業が終了しました。

あと少しの植栽と手直しを来週にさせて頂き完成します。

熊澤さんが手掛ける「六角形の家」が最初どんなものか想像が出来ませんでしたが、大変にユニークで素敵な外観に仕上がっています。


Before


After


Before


After

家が六角形ということは、庭も自然変則的になりますが、それが却って面白い景色を作っています。

樹木は、繊細な5mのアオダモ、アカシデ、コナラ、山紅葉と・・。

足元には様々な山の躑躅や鶯カズラ等、在来種の山野草も沢山植えました。

愛知県は、常滑という陶芸の産地がありますが、こちらの土も真っ赤な粘土質の土壌で、必ずしも植物に適しているとは言えません。

黒土を厚く足しパーク堆肥もたっぷり使って、健康で肥沃な土壌を作り樹木を植栽します。

樹木や土は東北から朝一番で輸送、二日間で景色が変わりました。

冬の現在は葉がありませんが、新緑の頃に葉陰が木目の外壁に揺れることを思うと今からワクワクします。

現場監督さんも、「二人で二日間でこんなに変わるんですね!」と驚いてらっしゃいましたが、良い家と良い樹木や草花が呼応して、「住み良い場」が生まれるのだと改めて実感します。

今回も全力を尽くしてくれた仲間、生産者さん、現場の方々、何よりもお声掛け頂いた建築家さん、そしてお客様に心より感謝申し上げます。

 

横浜市都筑区 O邸

 


After


Before

格式高い古民家の再生を手掛けられているスウェーデンハウスリフォームのS様にご紹介頂いた、横浜のO邸の庭づくりが終わりました。

その土地の歴史、それを見守ってきた樹木、土地を掘り起こすこと、石を動かすこと、静かに佇む樹木を移すこと、そこを追われる小さな生き物、草花たち・・。

それらの認識の甘さを痛感する貴重な体験になりました。

足りないながらも皆で一心に取り組み、完成に至りました。

協力頂いた皆様に、心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。


After

埼玉県朝霞市 S邸

 

After
Before

 緑で一階と二階を繋ぐ・・。
朝霞市S邸、焼杉の壁面が印象的なお家です。
玄関前には、5メートルのコナラ、敷地を囲むように4メートル~のアオダモ、アオハダ、ヤマモミジを植栽。
二階ベランダに、建築家さんがステンレスの植栽スペースを設置していましたので、深山の樹木で小さな林を作りました。
下から見ると、一階と二階の樹木が繋がり、空間に広がりが生まれます。



「お庭、想像以上でした」と喜んで頂きました。
この度は本当にありがとうございました。

千葉県千葉市 N邸  

 


 After

Before

千葉のN邸の庭づくりが終了しました。
ドウダンツツジがびっしりと植わった植栽を、柔らかな雑木のお庭へと模様替えです。
一見、古民家or古い建具を使ったお家かと思いきや、現代の建物だそうで、こだわった作りの素敵なお家です。
窓もサッシでは無く木枠で、個人的には懐かしいネジ式の鍵や、柿渋の塗料で仕上げられた内装も素敵でした。
その素敵なお家のお庭としては・・・でしたので、建物を引き立てる植栽を心がけました。

前日に東北の生産者さんを訪ね、根巻きして頂いたところです。
樹木にとっては、東北から千葉までと大移動ですが、こんな自然な姿のものは関東近郊では見つかりません。
庭造りごとに、東北を訪ねて、その場にあった樹木を探しますが、見つからない時には生産者さんの山に分け入って分けて貰う事もあります。
仕事毎に、色々な造園屋さんと組みますが、この作業だけは必ず自分で足を運び見て選びます。
これは例えば九州や他地域の仕事でも同じで、この部分を人任せにしたらふわりの庭作りの個性は生まれないのかもしれません。
とは言え、これも本当に楽しくワクワクする仕事。
きっと庭作りをするうちは、あちらこちらを行ったり来たりが続くのかもしれませんね。

世田谷区 豪徳寺 O邸

IMG_0298s

After

 

 

 

IMG_0267i

Before

鹿児島市 S邸

20151009-5のコピー

 

 

 

鹿児島県S邸の植栽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸川区K邸

 

先日の江戸川区の植栽。
玄関脇の1.0㎡のスペースに3.0mのエゴノキと下草の組み合わせ。
和風モダンなアプローチにエゴノキが映えました。


浴室脇にはシマトネリコと角型のプランターの組み合わせ。
シック&モダンな雰囲気に仕上がりました。

川面の憧憬

SDIM1271s

 

After

Before

東久留米市K邸の庭造りが終わりました。
当事務所から車で10分ほどの場所ですが、閑静な住宅街の水路沿いに建つK邸は、とても落ち着いた印象です。
水路には鴨が遊び、水草も青々と美しく、東京とは思えない静けさに包まれています。
なんでも、翡翠や白鷺も見られるそうで、仕事ですがすっかりと癒されました・・笑。
基本は雑木と野草の庭ですが、旦那様のご希望の「芝の広場」と、奥様の「土の部分を多く」というイメージの、折衷での庭作りとなりました。
芝といっても、ふわりの庭作りでは「高麗芝」ではなく「和芝」という、繊細な品種を使います。
少し割高ですが、出来上がり、手入れ共に通常と違い、繊細で柔らかです。
リビングから広場までは裸足でも歩けるように、敷き方を工夫。
三人のお子様も、足を汚さずに、裸足で遊ぶ事が出来ます。

庭に芝の広場があることは、公園等に行かずとも、ピクニックが出来ますね。
ゴザを敷いて、お食事や読書も愉しいと思います。
お子様ならずとも、大人もワクワクな贅沢なお庭と言えそうです。

今回は旦那様に砂利敷をお願いしたり、お子様にお花の植栽を手伝って頂いたりと、参加型の庭作りになりました。
奥様にも色々とお気遣いいただいて・・。
この度は、ご依頼本当にありがとう御座いました。

埼玉県川越市 S邸

After

Before

緑陰に映える・・。緑陰に暮らす・・。
川越市S邸の庭造りが終わりました。
住宅メーカーさんによる建築ですが、お庭はふわりに依頼いただきました。
自然環境豊かな立地ですが、東側に国道が走っており、その気配を消すことが最大の課題でした。
木塀等で遮るのが簡単ですが、やはり樹木の気配で、人工的な景色を少しでも感じさせないことが重要です。
中央に築山を作り、高木を配し、また隣家との境に常緑樹を植えて遠近感を出します。
それにより、リビングからの平坦な景色に立体感が生まれます。
今回は、アプローチに真砂土を使用することで、自然な雰囲気を演出。
メインツリーはコナラ、アオダモ、ハウチワカエデ等です。

道路に面した植栽部分も広くとっていただいていたので、落葉樹をたっぷりと植栽しました。
家の印象も変わりますし、道行く人にも楽しんで頂けることと思います。
メインツリーは5メートルの上品なアオダモを植栽。
風に揺れる緑陰が、建物に映えることでしょう!

楠 耕慈/くすのき こうじ

山野草の庭づくりを提案する野草家
楠 耕慈/くすのき こうじ
山野草の素晴らしさを一人でも多くの方に知ってもらうとともに、環境の変化、開発等により姿を見かけなくなった日本古来の花々をもっと身近に、それらを愛でるこころを大切にして頂きたく、日々取り組んでおります。

会社情報

●住所
〒352-0034 埼玉県新座市野寺3-9-17
※店舗はございません。

●TEL/FAX
048-299-3487

●緊急連絡先
090-6491-6603
※お急ぎの方はこちらにご連絡下さい。