バランス感覚 座間市K邸の庭造り

 

座間市K邸の庭造りが終了いたしました。

ふわりの庭造りを依頼くださるお客様は、当然の事ながら様々な美意識・感性の方がいらっしゃいます。

ちょっとエバって言わせて頂くなら、どの方も本当にセンスが良い。

そして、とても個性的でもいらっしゃいます。

当然に庭に対する要望も様々。

庭を作る際には、このお客様のご要望を感じ取る事が一番に大事と感じます。

野草を使った庭でありながら、「和風すぎず」「適度に荒れた感じ」「野趣溢れる感じ」「モダンに」等々。

これらは、もう言葉では伝わらず、建物の外観や、お客様の服装・雰囲気、趣味などから「探っていく」という表現が近いと思います。

 

前置きが長くなりましたが、今回のK様も「あまりきっちりとし過ぎず、和風過ぎず」というご要望がありました。

奥様は、茶道を教えられていて、茶花にも詳しい。

実際に、新居には茶室がありながら、インテリアはどこか北欧風という、絶妙なバランス感覚の持ち主。

そんなオーナーに似合う庭造りの過程は、モダンでありながら野趣溢れる、建物とのバランスを見ながらの作業になりました。

下は、植物を仮置きした状態。

 

 

もともとあった草木も活かしながら、バランスを見ながらの作業になります。

実は、ふわりの庭造りには「フラワーアレンジメント」の要素を多く取り入れています。

詳しくは書きませんが、ポイントは「目線」と「奥行き」です。

私自身、「フラワーアレンジメント」を仕事にしていた時期が長いので、自然にこういう形になるのですが、今考えると良かったかなと思っています。

色合わせも、グリーンの組み合わせも、「フラワーアレンジメント」の経験が基礎になっています。

それに、花屋の仕事って、短い時間でお客様の趣味やご要望を把握しないといけないでしょう?

これは、ある意味すごい人間観察に繋がる 笑。

ですから、今回のように、特別な感性をお持ちのお客様にも対応できるのだと思います。

今回の仕事でも沢山の学びがありました。

そして、作業後に美味しいお抹茶も頂きました。

本当に、感謝!感謝!です。

 

 

楠 耕慈/くすのき こうじ

山野草の庭づくりを提案する野草家
楠 耕慈/くすのき こうじ
山野草の素晴らしさを一人でも多くの方に知ってもらうとともに、環境の変化、開発等により姿を見かけなくなった日本古来の花々をもっと身近に、それらを愛でるこころを大切にして頂きたく、日々取り組んでおります。

会社情報

●住所
〒352-0034 埼玉県新座市野寺3-9-17
※店舗はございません。

●TEL/FAX
048-299-3487

●緊急連絡先
090-6491-6603
※お急ぎの方はこちらにご連絡下さい。